パワーストーン モモ珊瑚

モモ珊瑚の特徴

珊瑚は古くから帯留めやかんざしなどに使われ、日本で親しまれてきた。

サンゴには色々な種類があり、ジュエリーとして使用されるものだけでも血赤珊瑚、桃珊瑚、ボケ珊瑚などが挙げられる。

硬度が低く、ナイフなどでも傷がつくため取り扱いに注意が必要。

桃珊瑚は、日本の海底約200m?500mに生息している珊瑚。オレンジがかった桃色をしている。

モモ珊瑚の効果

古来より、悪魔や落雷、火事から守ってくれるとされ、子供のお守りとして身につけられてきた。

母の愛のように持ち主をやさしく包み込んでくれる。

見た目も美しいが、お守りとして優れた効果を発揮する。

桃珊瑚は愛情を表すパワーストーン。持ち主だけでなく家族やパートナー、周りの人間を慈しむような愛で包み、幸運を運んでくるとされている。

パワーストーン モモ珊瑚

モモ珊瑚 Twitter

  • 塔城 百誉さんの恋は珊瑚のように淡い桃色の宝石になりました。 あなたはそれをアンクレットにして相手に贈ります。 宝石に込められた意味は「幸せを噛み締める」。 #shindanmaker https://t.co/HexjGiT9Wf モモ
  • 8/28  誕生石:ピンクコーラル(モモ珊瑚)  宝石言葉:社会性・決断力・説得力・切れ者・慈しむ愛