パワーストーン アルマンディンガーネット

アルマンディンガーネットの特徴

ガーネットには様々な種類があるが、アルマンディンガーネットは特に多く市場で出回っているもの。アルマンディンの名称は産地である小アジアの町、"Alabanda”に由来する。色は赤い葡萄酒のような色。

ガーネットという名称はラテン語の”granum”(種子、殻粒)から派生した"granatum"(多くの種子をもったもの=柘榴)からきている。

原石は12面体や24面体の美しい形。

アルマンディンガーネットの効果

権力、優雅、勝利の象徴とされる石。古来より世界各地の人々の間で、「神聖な石」として崇められてきた。

免疫力を強くして、身体中に活力を行き渡らせ、エネルギー不足の解消に効果 がある。

パワーストーン アルマンディンガーネット

アルマンディンガーネットの関連キーワード

アルマンディンガーネット Twitter

  • 歯にくっつくけど美味しいよ!エイサク飴もな! (ちなみにボンタンアメの隣にある鉱物はアルマンディンガーネットです)
  • RT @kanshikironri: #既出でもいいからTLを石で埋めよう 突然だがここでクイズ!!! ズバリ、この宝石は何でしょう? 答えは明日発表するよ(忘れなければ)。 【ヒント】 アルマンディンガーネットじゃないよ!写真は、甘水の技術をフル稼働して、光をガンガンに当て…
    catisio5_がリツイート
  • シナバーっぽいけど実際はアルマンディンガーネット。 このくらいの大きさ、重量感のシナバーが欲しいw #シナバー #辰砂 https://t.co/J639j8lDEX