パワーストーン アルマンディンガーネット

アルマンディンガーネットの特徴

ガーネットには様々な種類があるが、アルマンディンガーネットは特に多く市場で出回っているもの。アルマンディンの名称は産地である小アジアの町、"Alabanda”に由来する。色は赤い葡萄酒のような色。

ガーネットという名称はラテン語の”granum”(種子、殻粒)から派生した"granatum"(多くの種子をもったもの=柘榴)からきている。

原石は12面体や24面体の美しい形。

アルマンディンガーネットの効果

権力、優雅、勝利の象徴とされる石。古来より世界各地の人々の間で、「神聖な石」として崇められてきた。

免疫力を強くして、身体中に活力を行き渡らせ、エネルギー不足の解消に効果 がある。

パワーストーン アルマンディンガーネット

アルマンディンガーネットの関連キーワード

アルマンディンガーネット Twitter

  • 最近の宝石はカラーストーンというらしく新しい名前だらけでよく分からん。 アルマンディンガーネットとか、パライバトルマリンとかお洒落すぎる。 まぁ前者の和名は苦礬柘榴石、後者は電気石なんで、途端に華やかさはなくなるわけですが。 ネーミングセンスって大事だわ。
  • #水陰の国 ・レッドトパーズ ・アルマンディンガーネット ・ファイアーオパール ・ゴールデントルマリン ・グリーンベリル ・ラピスラズリ ・ヴァイオレットサファイア が最初の国の年長組。でも皆徐々にさらわれていっちゃって、最後にレッドだけが残された。
  • アルマンディンガーネット 7mm玉 ブレスレット 25粒 パワーストーン 20.81g 約15.5cm https://t.co/lC3nbDI0Y9