パワーストーン ジェダイト(ひすい)

ジェダイト(ひすい)の特徴

ひすい(翡翠)の中でも希少価値の高いジェダイト。色の幅が広く、緑、ライ

ラック、白、ピンク、褐色、赤、青、黒、オレンジ、黄色などがある。もっとも価値が高いのは、深いエメラルドグリーンのもの。

ひすい(翡翠)は、日本で昔から親しまれてきたパワーストーン。権力の象徴として、高貴な身分の人しか身につけられなかったもの。

ひすい(翡翠)の中には、ネフライト(軟玉)と呼ばれるものがあるが、それとは全く別の鉱物。見た目が似ているため、両方翡翠と呼ばれている。

ジェダイト(ひすい)の効果

人生の成功と繁栄を守護するひすい(翡翠)。ビジネスを成功させるお守りとして効果的。

精神的に成長し、人徳を高める手助けをしてくれる。

パワーストーン ジェダイト(ひすい)

ジェダイト(ひすい)の関連キーワード

ジェダイト ひすい Twitter

  • 注目すべきは ①青玉=青石=翡翠(ひすい)=緑色片岩=ジェダイトという点ですね。 これは古来より徳島県産のものでした。 君が代の、さざれ石とも深い繋がりがあると思います。県立図書館の王子神社(祭神→天照皇大神の三番目の御子)… https://t.co/HBSW226RIg
  • RT @the_new_jewelry: ひすいの知識 鉱物名では、ジェダイトとネフライトという二種類のひすいがあります。一般にはジェダイトのことをひすいと呼びます。緑色がもっともポピュラーですが、ラベンダーや赤、オレンジや黒といったさまざまな色があります。 https://t
    yurimatsu6がリツイート