パワーストーン コパー(銅)

コパー(銅)の特徴

コパー(銅)は、電気や熱をよく伝えるため、古くから鍋や釜などの材料として使われてきた。

金や銀にコパー(銅)をまぜて合金にする事で、赤い色味が出る。

貨幣や道具の材料として、古くより親しまれてきた。

コパー(銅)の効果

コパー(銅)は、古代より、美しさや富の象徴である金星と関係の深い金属とされる。

コパー(銅)を身に着けることで、美、富を得られ、気持ちを穏やかに暖かくする作用があると言われている。

パワーストーン コパー(銅)

コパー(銅)の関連キーワード

コパー 銅 Twitter

  • @Unlock__myself JX金属の銅の妖精カッパーくんです! 英語表記だと恐らく copper で、たまにコパーと呼ぶ人もいます!
  • @TOOLBOX_M 確かに特注ブロンズって書いてありますね…。そう、どっちも銅だからコパーのこと言ってる可能性もあるかなって思いました。ラック内に入ってるハンマードコパーとスタンドにセットされてるメインのスネアはシェルも違うので… https://t.co/imsg1qZmlQ
  • @jen_tools 通知来てたかw ブロンズとコパーどっちも銅じゃね?と思い調べて理解。