パワーストーン 枝珊瑚(さんご、コーラル)

枝珊瑚(さんご、コーラル)の特徴

珊瑚は古くから帯留めやかんざしなどに使われ、日本で親しまれてきたパワーストーン。海中に育つ枝のままの形を残しているものを、枝珊瑚という。色は桃色?赤色。

硬度が低く、ナイフなどでも傷がつき、折れやすいため取り扱いに注意が必要。

枝珊瑚(さんご、コーラル)の効果

古来より、悪魔や落雷、火事から守ってくれるとされ、子供のお守りとして身につけられてきた。母の愛のように持ち主をやさしく包み込んでくれる。

見た目も美しいが、お守りとして優れた効果を発揮する。

パワーストーン 枝珊瑚(さんご、コーラル)

枝珊瑚(さんご、コーラル)の関連キーワード