パワーストーン レピドクロサイト入りクォーツ

レピドクロサイト入りクォーツの特徴

レピドクロサイトとは、鱗状や繊維状、雲母状で発見される鉱物。

色は赤色やオレンジ、黒、褐色などがある。

レピドクロサイトの名前は、ギリシャ語で鱗を意味する"lepidos"と、繊維を意味する"kroke"に由来する。

レピドクロサイト入りクォーツは、ラメのようなのレピドクロサイトを内包するクォーツ(水晶)。

赤いラメを内包するものはストロベリークォーツとも呼ばれる。

レピドクロサイト入りクォーツの効果

レピドクロサイト入りクォーツは、霊力を高め、内面に秘めた予知能力を開発することができる。

持ち主が前向きに前進することを助けてくれるパワーストーン。

クォーツ(水晶)にレピドクロサイトが内包されることにより、クォーツ(水晶)そのもののパワーが何倍にもアップする。

パワーストーン レピドクロサイト入りクォーツ