パワーストーン 不透明琥珀(アンバー)

不透明琥珀(アンバー)の特徴

琥珀は黄色や赤色、青色をした、樹脂の化石。琥珀の中には何百万年も前の苔、松葉などの植物や、昆虫が見られる。

火にくべると良い香りを発するため、お香としても使われてきた。

海岸に打ち上げられた琥珀をシー・アンバー、鉱山から採掘されるものをピット・アンバーと呼ぶ。

不透明琥珀は名前の通り不透明な琥珀のこと。

不透明琥珀(アンバー)の効果

琥珀はこすると帯電する性質から、よい気をひきつけるとされる。

黄金色の色合いから、金運や人気運アップのために良いパワーストーン。

東洋では古くから薬として使用され、伝染病や喉にかかわる病気の治療に用いられた。

また、流産を防止する働きがあるとも言われている。

パワーストーン 不透明琥珀(アンバー)

不透明琥珀 アンバー Twitter

  • 大切な人の誕生石とその意味 1月17日 アンバー (和名: 琥珀 ) 〔 不透明のもの 〕 ・・・ 太古の夢
  • RT @tikixyunokakera: 本日はご依頼品研磨と合わせてスマトラ産ブルーアンバーの研磨など。 まろやかな不透明感がありますが、これがブラックライトを当てた際に青く滲む色合いに変化します。 自然光では淡く黄緑色を纏う不思議な琥珀。 サイズは21mm×16mm程。…
    nartadaakiがリツイート