パワーストーン コパー(銅)

コパー(銅)の特徴

コパー(銅)は、電気や熱をよく伝えるため、古くから鍋や釜などの材料として使われてきた。

金や銀にコパー(銅)をまぜて合金にする事で、赤い色味が出る。

貨幣や道具の材料として、古くより親しまれてきた。

コパー(銅)の効果

コパー(銅)は、古代より、美しさや富の象徴である金星と関係の深い金属とされる。

コパー(銅)を身に着けることで、美、富を得られ、気持ちを穏やかに暖かくする作用があると言われている。

パワーストーン コパー(銅)

コパー(銅)の関連キーワード

コパー 銅 Twitter

  • オーナメントは、クラウスとスティーブンが休日に仲良くマーケットで選んできたり、ネットで見繕ってきたのを飾るんだよ。大人っぽくコパー系やゴールド系で飾られてると良いな。君の瞳の色だ(アニメ準拠)と言いながら幸せそうに銅色のボールを飾ったりするんだよ、クラウスが。
  • @sterling335 レッドブラスは銅:亜鉛の比率が9:1なので、ほんとのコパーになるともうちょい赤くなりますね。レッドブラスまでいくとかなりダーク(音色暗め)になるのでクラシックでは使いにくいと思います…あと吹くのがキツイ(笑)
  • @mayu_yamayu コパーっぽいなと思ったけど、銅なんやな(=゚ω゚)ノ 名前がまた良い名前が〜吹奏楽にはあんまり向かないのかもだけどw